フリーローン借り増しは怖い?

【フリーローンで怖いのは度重なる借り増し】フリーローンのデメリットと言っていいものに、支払い途上での「借り増し」があります。
この借り増しが起るのは、ある程度まで返済が進んだ時点で業者側が最初に設定した融資限度額を増額するからです。
つまり最初の契約では50万円が融資限度額であったものが、半年ぐらい契約通りに返済を続けていくと、業者側は10万円程度の幅で貸し出し限度額を増加させるのです。
このことを業者から伝えられた利用者は、つい誘いに乗って増額分を借りてしまうのです。
するとどうでしょう。
せっかく減った借入額がまたもとの額に戻ってしまうばかりか、逆に増えてしまうこともあるのです。
これを続けていくと、いくらたっても借入残高は減ることがなく、利息だけ延々と払い続けていくことになるのです。
こうなると借金から抜け出すことは、もはや困難と言ってもいいのではないでしょうか。