経営者は住宅ローンを避けるべき?

経営者が住宅ローンを利用する場合、通常の場合に比べて審査に必要な書類が多くなり、審査自体も厳しくなります。
そのため、会社経営者の方は住宅ローンを使わずに自己資金や会社からお金を借りることが少なくありません。
しかし、経営者の方が住宅ローンを借りることで、従業員が住宅ローンを借りやすくなることも事実です。
なぜなら、一度経営者が自分の会社の実情を明らかにして住宅ローンを借りることで、他の従業員がその銀行で住宅ローンを借りる際に審査がしやすくなるためです。
大企業であればともかく、中小企業の場合は会社自体の信用がないため、審査が通りにくいことがあります。
しかし、経営者が先陣を切って住宅ローンを借りることで他の従業員のためになるのです。