自宅兼事務所の住宅ローン審査は厳しい?

長年の夢だった自宅兼事務所を目指して住宅ローンを組んだのに、本自営業でも通る住宅ローン審査基準を事前に把握しておくと安心ですね。
住宅購入の際に絶対に必要になるのが自営業者の住宅ローンです。
自営業者の住宅ローンの申し込みは銀行や信用金庫で行っています。
申し込みの時には、銀行側から言われた必要資料を用意します。
やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですからこのとき銀行側は、自営業者の場合の年収と勤続年数や借金の状況などを特に重点的に見て審査をします。
ですから、住宅ローンは申し込めば必ず通る。
といった甘い感じではありません。
通らない方ももちろんいらっしゃいます。
よくある基準として年数は3年以上、自営業者の場合の年収は300万以上これが最低クリアしなければいけない年収のラインと言われています。
家を建築する際、資金の面で大変頼りになるのが住宅ローンです。
希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫または住信SBIネット銀行などからも受け付けています。
しかし、どの場合でも融資できるかどうか。
審査があります。
大切な点はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。
また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も自営業でも通る住宅ローン審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。
次に紹介する以下の点をまずは確認してみて下さい。
400万以上の自営業者の場合の年収であるかが一つの大きなポイントになります。
申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。
クレジットカードの支払いが遅れたことがある方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。
全て確認して条件を満たしているという方は、今一度きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。
自営業でも通る住宅ローン審査基準の判断になりますのでもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申し込みをした方が後々自分のためになります。
家を建てるために必要なローンがいくつかあるのですが、中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。
この仕組みは、家を建てたいけど必要経費が足りない時など臨時で融資してもらう特別なローンの事を指します。
一般的には、家のローンは完成してから始めて融資されるので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。
注意しておきたいのですが、利率が高いのと日割り計算なので一日でも早く手続きを済ませなければなりません。
まずは信用できる銀行を探し、しっかりと内容を確認した上で無理なく続けられる計画作りがとても大切です。
自営業者の住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、どんな方も知らないと10年後に知っている人と大きな差がつく、是非試して頂きたい住宅ローン減税の申し込み方をご紹介したいと思います。
1年間で30万円ほどの減税になるかもしれないので、気付いた今からでも住宅ローン減税の確定申告が可能か問い合わせてみましょう。
申請可能となる方の条件として新築を建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。
少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。
個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、少しでも減税で税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

経営者住宅ローン審査は健康状態も大切!【団信生命保険に加入が必須!】