自営業住宅ローンを組むには?

自営業とは、個人で事業を営んでいることです。
自営業の方が住宅ローンを組むためには、いくつかの準備をします。
まず、できるたけ多くの頭金・自己資金を用意することです。
自営業住宅ローンでは、一般とは違い過去3年間の所得証明を提出することが必要です。
審査の基準を前もってよく把握し返済の負担を抑えることがポイントとなります。
ライフプランを提出することで、融資の審査が決まることもあります。
返済が終わる前に、どれだけの出費があり、収入が見込めるのかなど将来のことなどを明確にしておくことが重要です。
自営業住宅ローンに必要な書類は、確定申告書と納税証明書を用意します。
業績で赤字になった期間がある場合は、その期間の説明が必要になります。
住宅と事務所の兼用の場合は、床面積の2分の1以上でローンを組むことができ、調査の方が直接見聞きをして可能かどうかを調べます。

融資を受けやすいプランを練ることで、スタイルにあった自営業住宅ローンを申請することができます。